移動に便利な貸切バスのポイント

目的で考える移動方法として貸切バスは最適です。旅行など、様々な理由から「移動」を行うことは多くあります。この「移動」というのは、その目的をこなす上で大きなハードルとなってしまうことも少なくありません。例えば行き先への交通の便が悪く、複雑な公共交通機関を乗り継がなければならないような場合や、道が複雑で車でいくことが難しいような場合、特にこれが顕著でしょう。

こういった場合に活用することができるもう1つの移動手段として「貸切バス」というものがあります。貸切バスはその名の通り、バスを貸切で利用することができるというものですが、実は移動を大幅に簡略化することができる方法でもあります。まず、「行き先」と「出発場所」を自由に設定することができます。もちろん道路が繋がっていないような場所に行くことは難しいですが、基本的には自家用車でいくことができる場所であれば貸切バスでも行くことができるわけです。自分で運転する必要がなく、専属のドライバーに任せることができるため、上記のような問題はいずれも発生しないことになります。貸切バスがあることで、専任の運転手がいる安心感があります。

貸切バスを利用する場合、考えなければならないことの1つに「バスのサイズ」があります。会社によっては、幅広いバスのサイズが用意されており、いくつかの選択肢が用意されていることがあります。この場合、利用人数と、利用目的に合わせてバスを選ぶ必要があります。まずは人数に合わせてバスを選択するようにしましょう。利用人数が20人なのに、10人前後しか乗れないバスを取るのはあまり意味がありません。それならば、20人前後が乗れるバスをチャーターするようにするのが良いでしょう。

ただ、例えばその移動の目的が「ウィンタースポーツ」等の場合、人数だけではバスの決定ができないことがあります。ウィンタースポーツは荷物が多いもので、人数だけ見れば十分なスペースがあっても、荷物を含めると乗りきれないという可能性があるためです。その場合、大型のトランクがあるかどうかなどを確認しておく必要があるでしょう。

バスを選ぶ場合には、抽象的にはなりますができるだけ綺麗なバスを選ぶようにしましょう。実際に見ないとわからない、と思われるかも知れませんが、判断の方法の1つとして「環境ラベル」の比較があります。環境ラベルのランクが高いものほど、新しいバスである可能性が高く、したがって綺麗なバスである可能性も高くなるためです。